スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

my lover with bomb

たまに思いついたら行う自己楽曲解説の時間です。(笑)

ここ最近に出来た
「恋人と時限爆弾」編。

奇抜なタイトルでポップくて暗い歌詞。これがテーマの曲。

「誰も好きじゃないし、誰も嫌いじゃない。」
そんな事を考えてた時期があったんやけど、「誰も嫌いじゃない」て言えるのは自分を可愛がり過ぎな気がする。と言うか「誰からも嫌われたくない」って思ってる事の様に思えて来て。

で、
「誰も愛していないし誰からも愛されていない。」
に変化を遂げました。

これくらい明るくてポップな曲はだいぶ久々に書いたからちょっと不安でした。絶対に面白いとは思ってたけど、
「そんな曲は期待してない。」
て言われた終わりやな~。と。(笑)

タイトルは
「幽遊白書」から頂きました。(笑)

樹が仙水と出逢った時の事を話す場面で出てくるから読んでみるといい。
それをオレなりに意味を別でつけかえてタイトルにしてみました。凄いリアルな自分の歌詞かも知れない。
「誰かに恋してる自分が好きなだけ」
て部分とか。

なんか自分で書いておきながら歌ってると悲しくなる。(笑)

純也君に曲を聞かせて、

「えっ、意外!なんで!?」

と言われ、
歌詞を見せたら、

「大丈夫?考え過ぎなや。」

と言われたのが衝撃やったなぁ。(笑)

まぁ、意味わからんよね。
「恋人と時限爆弾」とか言われても。

純也君が新曲出来た!って言って、
「太平洋とナポリタン」
て言われてもわからんもん。(笑)

ま、そないな感じ。

ここ最近で凄く大事な曲になりました!
と言いつつまだ聴いた事ない人も多い気が。

あはははは。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。