スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり辞めるべき快諾。

新しい曲の歌詞のテーマが見つからん。正直、今は書きたい事が無いに近い。そんな時にも言葉を探すのは、書きたい時に書く事が出来る様にいる為。非常にそんな気がするねー。
歌詞の言葉を延々と探してると、違う曲の歌詞が思いついた。最後のピースが埋まった気がする。
前にタイトルが決まったと書いたあの曲。イルミナよりイルミナティにしたくなった昨今。凄い面白い表現にうっとりしてしまう。
悟りとは光を受ける事故に「イルミネーション」て言葉と凄く近い。覚醒やら開眼とは光なのでしょう、やはり。
本当に拙い文章の歌詞です。20年くらいの人生ならそれ位が丁度いいと思えるからオレ的には良い出来。なんだかんだで何度も書き直し。どこがイルミナティなのだろうか?
今日、手に入れたピースは

「鳥になる日を待つ」



少しずつ痩せていく体が愛しくなる。食べないで眠らないで鳥になる日を待つ。


人間を否定する歌を歌うなどなんて錆びた嗜好。でも、少し完結になった様子。新しい歌詞が浮かばないのも今のモードが終わってないからやなぁ。
て事にしとく。

人間と云う名の器を否定しながら生きる、そんな最上級のエスケープはむしろ肯定の一途。コミュニケーションの難しさや、実にくだらない事で下を向く我に肩を落としまくってる今、人間から脱却を望むものの結局は羽根が生えるのを待つだけしか出来ない自分を特に疑わない主人公に拍手です。
何事にも染まらないのではなく「染まれない」。

アルビノだ。





イルミナティよりアルビノか?(笑)
いや、あの曲はただの遺書だ。

君が笑ってくれるなら「この空は赤く見えるね。」と嘘をつくのだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。